家作りの第一歩はココから!

工務店で家を建てるにあたって

工務店で家を建てるのであれば、工務店の事を少し知っておく必要があります。工務店とは、住宅の建築がスムーズに行われるように、職人や左官職人、配管工など専門工事業務をマネジメントし、総合的に建築業務を請け負う業者のことです。

 

家を建てるには大木工事・大工工事・外壁工事・内装工事・電気や水道工事など多くの専門業者が協力しなければ竣工(しゅんこう)しません。それらすべてをまとめる事業が工務店となります。地域密着で営業している所が多く、そのため融通がききやすく、アフターケアも受けられる利点があります。

 

昨今では工務店も様々な種類があり、従来からある形の棟梁型、デザインに特価した工務店でデザイン重視型、特定工法による建築のフランチャイズ型、他では、これら全てが複合されたバランスのとれた工務店などがあります。

 

ひと昔前までは、大工の親方(棟梁)が住宅の建築に関わるすべてを担ってきました。それを引き付いた形の工務店を棟梁型と呼ぶ事があります。

 

デザイン重視の工務店では、他の工務店との差別化を図るため、一級建築士を自社で抱え設計に力をいれている所もあります(当然ですが工事にも力を入れています。)。

 

フランチャイズ型は施工専門タイプとなります。知名度のある会社と契約して家造りを担う工務店です。これらのタイプは商品や部材、広告物までフランチャイズの本部が提供しますので、ローコストで施工することを売りにしている所が多いです。

 

他にも工務店の形態がありますが、ここでは割愛させて頂きます。下の項目で詳細を記載しますので、そちらをご参照下さい。

 

家を建てるにはお金がかかる事はご承知だと思います。それらの支出のタイミングや何に対しての費用であるかなど、家を建てる流れの中で記載していきます。住宅ローンやつなぎ融資などにも少し触れていこうと思っております。情報が曖昧な方や詳細を知りたい方など読んで頂けたらお力になれるのではないでしょうか。

 

家を建てる事は一生に一度の大事業だと思います。それを失敗に終わらせずに必ず成功とする為には、確かな情報と行動力が必要となります。それから、極力妥協はせずに取り組む事が大切だと思います。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市